よくある質問

よくある質問についてまとめています。ご不明な点については、メールまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

Q:カウンセリングを受けるには予約が必要でしょうか?

A:当院は完全予約制となっております。事前に、お電話、ホームページの予約フォーム、またはLINEにてご予約下さい。

Q:カウンセリングは料金はかかりますか?時間はどのくらいかかりますか?
A:カウンセリングは無料です。カウンセリング時間は、内容にもよりますが、約10~30分です。

Q:カウンセリングの当日に手術や処置は受けられますか?
A:お受けいただけます。ただ、予約状況や施術内容により少々お待ちいただくことや後日ご案内する可能性もございます。同日ご希望の場合は事前にお知らせ下さい。

Q:未成年(20歳未満)の施術はできますか?
A:未成年でも施術は可能です。年齢や内容によりお断りする場合もございます。医師にご相談下さい。

Q:未成年(20歳未満)の場合、保護者の同伴は必要ですか?
A:中高生または中高生に相当する年齢の方は内容問わず親権者様の同伴が必要です。
高校を卒業した方、または高校を卒業した方に相当する年齢の未成年の方はカウンセリングは一人でも問題ありません。施術をされる場合は親権者様署名捺印の同意書と親権者様の身分証明書コピーが必要となっております。

詳しくは、 未成年の方のご予約について を参照ください。


Q:男性はカウンセリングを受けることができますか?
A:大変申し訳ありませんが、当クリニックの予約、施術は、女性限定とさせていただいております。

Q:小学生はカウンセリングを受けることができますか?
A:大変申し訳ありませんが、当クリニックの予約、施術は、中学生以上の方とさせていただいております。

Q:日本語が話せないのですが、カウンセリングを受けることができますか?
A:日本語を話すことができる通訳の方の同伴をお願いしております。注射等の施術は可能ですが、手術に関しては、お断りしております。また、同伴なしでご来院されて、日本語でのコミュニケーションが困難と判断した場合は、カウンセリングを受けていただけないこともございます。

Q:手術料金の他にオプションでかかる料金はありますか?

A:手術に関しては、麻酔代・薬代が含まれておりますので基本的にはかかりません。注射等の施術で笑気麻酔を希望される場合、麻酔代がかかります。


Q:消費税はかかりますか?

A:ホームページに掲載している料金はすべて消費税込みの料金です。


Q:カードでの支払いは可能ですか?分割払いはできますか?

A:カードでお支配い可能です。分割払いをご希望の場合は、いったん一括でお支払い後、お客様でカード会社と分割払いの手続きをしていただく必要があります(お客様のカードのご契約内容により多少異なります。)


Q:ローンでの支払いは可能ですか?

A:ローンで支払い可能です。ローンは事前に審査が必要となります。施術内容によって、ローンでの支払いに制限が出るものがございます。詳しくは、予約時またはご来院時にスタッフまでお尋ねください。


Q:未成年(20歳未満)でもローンは組めますか?

A:大変申し訳ございませんが、未成年の方のローン審査は行っておりません。

Q:埋没法の腫れはどのくらい続きますか?

A:個人差はありますが、通常、術後1週間で8割がた腫れはひきます。1か月程度で、メイクをすればほぼ問題ないぐらいになります。わずかなむくみ感なども消失するには約3か月程度かかります。


Q:埋没法の手術後、メイクやコンタクトはいつから可能になりますか?

A:当院では2日後(48時間後)からを推奨しています。クイックスクエア法、クイックスクエアダブル法では、術当日からメイクが可能です。(コンタクトは48時間後からです)


Q:埋没法を受けたいのですが、痛みが怖いです。麻酔や痛み止めは使ってもらえますか?

A:局所麻酔をする前に、笑気麻酔という鼻から吸い込むタイプの麻酔を使用します。眠る麻酔ではありませんが、リラックスした状態になり局所麻酔の痛みが軽減されます(痛みがなくなるわけではありません)。局所麻酔が終われば痛みはありませんのでご安心ください。


Q:埋没法を片目だけ受けることはできますか?その場合、料金は両目の場合と同じですか?

A:はい。片目だけの手術を希望される方も施術可能です。料金表を参照ください。


Q:他のクリニックで受けた埋没法の抜糸や、糸のかけ直しはできますか?

A:状況によりますので、まずはカウンセリングにお越しください。


Q:以前に埋没法を受けているのですが、抜糸は必要ですか?

A:以前の手術のラインがどれぐらい残っているか、今回どのような二重を作成するか、によって必要かどうかが変わってきます。

以前の二重ラインがほとんど取れしまっている場合、抜糸なしでも二重手術が可能なことが多いです。


Q:埋没法で作った二重まぶたが元に戻ってしまうことはありますか?

A:埋没法の場合、ラインが薄くなったり元に戻る可能性はあります。まぶたが厚い場合や、幅が広い二重を作る場合は取れやすくなります。当クリニックの埋没法には保証がついていますので、保証期間内であれば保証で再手術が可能です。


Q:他院で、切開でないと二重にならないと言われました

A:まぶたの状態によりますが、埋没で可能なこともあります。カウンセリングは無料ですので、一度ご相談にお越しください。


Q:全切開で二重を作ると絶対に取れないですか?

A:全切開の二重は、取れるリスクはかなり低いですが、どんな方でも取れないというわけではありません。まぶたが非常に厚い方、幅の広い二重を作る方、眉毛を上げる癖が術後も強い方、などでは取れるリスクが高くなります。


Q:昔埋没で二重にしたのですが、年齢がいって、二重幅が狭くなってきました。広げることはできますか?

A:上まぶたの皮膚のたるみが原因のことが多いです。たるみの状況によって、二重の幅を広げるだけで改善できることもあれば、たるんだ皮膚の切開(眉下切開)が必要になることもあります。カウンセリングで診察の上、適切な治療をご提案いたします。


Q:テープなどでまぶたがかぶれていますが、手術できますか?

A:かぶれの状況によりますので、一度カウンセリングにお越しください。かぶれの程度が軽い場合、埋没法であれば可能なことが多いです。

かぶれが強い場合、テープをしばらく中止していただいてまぶたの状態が落ち着いてから手術を受けられることをお勧めしています。

ブログも参考にしてみてください。


Q:絶対に平行型になりたいのですが、できますか?

A:平行型になりやすい方、なりにくい方がおられますので、カウンセリングでどのような方法であれば平行型になるかをお話いたします。

また、どのような方法を取っても平行型にできない方もおられます。そのような場合は、平行型ではない二重(末広型)をご提案していますが、納得がいかない場合はゆっくり検討されることをお勧めしています。

Q:糸のリフトは効果はどれぐらい続きますか?

A:個人差がありますが、しっかり引き上げるアクトレスリフトでは1年半程度です。


Q:糸のリフトで使う糸は溶けますか?

A:当院で使用している糸は溶ける素材を使用しています。


Q:糸のリフトの後、口が開けられないぐらい痛いって聞いたんですが本当ですか?

A:糸のリフトにも非常にたくさんの種類があり、クリニックによって採用しているものも様々です。


糸のリフトには、アンカータイプフローティングタイプがあります。

アンカータイプは、こめかみの奥の骨の上にしっかりと糸を固定するので、引き上げる力は強いですが、術後の痛みや引き連れが強く出やすい傾向にあります。

フローティングタイプは、固い組織(骨の上など)には固定しないため、引き上げ力はアンカータイプと比べるとマイルドではありますが、その分術後のお痛みはかなり軽減されます。


当院のアクトレスリフトはフローティングタイプであり、術後のひきつれ感などは、長くても数日程度で改善されてきます。


Q:以前に糸のリフトを受けているのですが、また受けることは可能ですか?

A:可能です。ただ、前に入れた糸の種類や、現在のお顔の状況によっては受けられないこともありますので、カウンセリングでお話いたします。

また、前の手術との間隔は最低1年ほどは開けていただくことをおススメはしています。


Q:以前に切るフェイスリフトを受けているのですが、糸のリフトを受けることは可能ですか?

A:状況により可能です。ただ、現在のたるみの状況、皮下脂肪の程度、以前の手術の状況によっては受けていただけないこともございます。


Q:今までほうれい線にヒアルロン酸を入れたことがありますが、やっぱりほうれい線が気になります。糸のリフトしかないでしょうか?

A:現在のほうれい線の状況によって、適切な治療が変わってきます。

  • もう一度ほうれい線にヒアルロン酸を入れる
  • ほほや目の下にヒアルロン酸を入れる
  • 糸のリフト

など、様々な方法があります。お顔全体のバランスを見て、最も適している施術をご提案させていただきます。

ただ、一般的に、深いほうれい線に対しては糸のリフト単独では効果が出にくいことが多く、糸のリフトとヒアルロン酸を組み合わせて行うことも多いです。


Q:目の下のたるみに対しても糸のリフトはできますか?

A:目の下のたるみに関しては、目の下のふくらみ取り、ヒアルロン酸注入などの別の方法が適していることが多いです。目の周り全体の小じわに対して、短い糸(スマートミニリフト)を行うと、ハリが改善します。

Q:注射の処置は痛いですか?麻酔は使ってもらえますか?

A:針を刺すときにチクッとした痛みはあります。部位によっても痛みの程度は違いがあります。

その痛みを和らげるために、鼻から吸うタイプの笑気麻酔を使用することができます(有料)。笑気麻酔を使用すると、リラックスした状態になり痛みも軽減されます。


Q:注射したあとに内出血や腫れは出ますか?洗顔やメイクはいつからできますか?

A:稀に内出血や腫れが出ることがありますが、約1~2週間で引いていきます。施術直後からメイクが可能ですので気になるようでしたらメイクでカバーしていただけます。


Q:ヒアルロン酸注射の施術を受けたあと、万が一気に入らなかった場合は元に戻すことは出来ますか?

A:ヒアルロン酸溶解注射でヒアルロン酸を溶かすことができます。(料金は別途かかります)


Q:ヒアルロン酸注射はどんな部位にできますか?

A:ほうれい線、口角、頬、ゴルゴ線、こめかみ、目の周り、涙袋、唇、鼻、顎など様々な部位に打てます。カウンセリングにて、どの部位にどれぐらい必要かをお話いたします。


Q:ボトックス注射の効果はいつから出ますか?また、効果の持続期間はどのくらいですか?

A:個人差がありますが、しわ取りや多汗症治療の場合、施術3日前後から効果が出始めます。遅い方で1週間程度で効果が見られます。また、効果の持続期間は3~4ヶ月です。エラや下腿の場合は、1か月程度で変化が見られ始めることが多いです。


Q:ボトックス注射は安全なものですか?副作用はありますか?

A:当院では、アラガン社製のボツリヌストキシン製剤を使用しています。日本の厚生労働省に認可されている製剤で、人体への安全性が立証されています。ただ、筋肉が動きにくくなったことによる違和感や頭痛などが出ることがごくまれにあります。


Q:ボトックスを打つと表情が不自然になると聞きました。本当ですか?

A:部位によりますが、ほとんどの場合は不自然にならない程度に調節して注入することが可能です。


ただ、ボトックスは表情じわを改善する治療なので、表情が全く変わらないわけではありません。例えば、目尻のボトックスは笑った時の目尻のしわを薄くする施術であり、笑った時の表情は施術前と比べると必ず少しは変わります。

初めてボトックスを受けられる方の場合、しわが改善することで違和感を持たれることもあるかもしれません。


また、額や目の下などは表情に影響しやすい部位であり、カウンセリングの際に十分時間を取って説明しています。表情が不自然になりやすいと思われる方へは施術を決して勧めていません。


Q:韓国製のボツリヌストキシンは顔に注入できませんか?

A:当院では、顔への注入はアラガン社製のボトックスのみとさせていただいております。


Q:顔のたるみを解消したいのですが、どのような治療法がありますか?

A:当院には、ダウンタイムがなくお手軽に出来る、注射系、照射系たるみ治療から、糸によるリフトアップ(手術)まで行っております。ご希望に応じていろいろな方法をご提案させて頂きますのでカウンセリングで医師にご相談ください。


Q:日焼けを最近したのですが、治療できますか?

A:日焼けをして間もない時期は、火傷、色素沈着等のトラブルが起こりやすい状態ですので全ての美肌治療は行うことができません。


肌の色が変わるほど強く日焼けをした後は、肌の色がある程度元に戻るまでは治療を控えましょう。(目安1か月程度)


肌の色は変わっていないけれど少し長く外にいた、といった場合、お肌の状態を診ての判断となりますが、目安1~2週間程度はあけておくのが無難です。


特に日焼けをしているつもりはないが、毎日(通勤などで)紫外線に当たっているという方もよくおられます。

日焼け止めもしっかり塗っていただいている方が多いので、肌の状態は見た目には特に問題はないことが多いです。

ただ、治療後しばらく紫外線を避ける、ということができないため、リスクがやや高い状態ではあります。夏場の時期は、比較的お肌への刺激の少ないYAGレーザーやサリチル酸ピーリング、イオン導入、点滴などにしておくのがよいかもしれません。


Q:効果はどれぐらいでわかりますか?

A:施術によっても違いはありますが、直後や翌日の肌のハリ感UP、化粧乗りがよくなる、などは比較的実感していただきやすい効果です。

ただ、1回の施術では効果の持続は短いため、定期的に受けられることをお勧めしています。定期的に受けられることで、施術本来の効果(しみ、くすみ改善、毛穴、ハリ改善、リフトアップなど)がしっかりと現れてくるようになります。


Q:ウルトラセルとHIFUは何が違うのですか?

A:ウルトラセルというのは、機械の名前です。ウルトラセルには、HIFU、GFR、SRRという3つの機能があります。

HIFUというのは、この3つの機能の中の一つであり、High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略です。HIFUは、たるみの根本となる筋膜に作用し、引き締め効果の高い「切らないたるみ治療」の定番です。

HIFU機能を持つ機械としては、(当院では扱っておりませんが)ウルセラ、ダブロなど、他にもいろいろな機械があります。

Q:コース料金はありませんか?

A:当院では全ての施術においてコース料金は設けておりません。脱毛に関しても、一回ごとのお支払いとなります。


Q:痛いですか?

A:部位により、お痛みがでやすいこともございます(VIOなど)。体調によってもお痛みの感じ方が変わります。

Q:なるべく安く受ける方法はありますか?

A:当院では通常料金の他、施術によってはモニター様で受けていただくこともできます。詳しくはカウンセリング時にご相談ください。

また、毎月お得なキャンペーンを行っていますので、そちらもぜひご検討ください。

モニター制度についてはコチラから


Q:モニター料金で施術を受けるには、どのような条件が必要ですか?

A:モニター料金でお受けいただくお客様には写真撮影(治療箇所)、アンケートの記入にご協力いただきます。撮影した写真は当院ホームページ、SNS、広告等に使用いたします。術後は1週間後、1か月後、3か月後と写真撮影にお越しいただき、最終日にはアンケートの記入をしていただきます。

モニター制度についてはコチラから


Q:値段が安いのですが、大丈夫ですか?

A:仕入れ値やその他の経費を計算の上、料金を設定しています。施術によっては他院と比べて大きく違うものもありますが、使用している機械や薬剤、施術内容はHP記載の通りであり、正当な価格であると考えています。


Q:妊娠中や授乳中でも治療を受けることは可能ですか?

A:妊娠中の方は全ての治療をお断りさせていただいております。授乳中の方は治療内容によりご案内可能です。事前にお問い合わせください。


Q:持病で通院していてお薬を飲んでいますが、治療を受けることは可能ですか?

A:ご病気やお薬の種類にもよりますので、カウンセリングの際に医師にご相談ください(処方されているお薬の名前、内容がわかるものをご持参ください)。


また、当院では、以下に当てはまる方の施術に関しては制限を設けておりますので、ご理解ください。


<以下に当てはまる方は原則全ての施術をお断りしています>

  • 妊娠中の方
  • 出産後3か月以内の方(中絶、流産を含む)
  • 意思疎通が不可能な方
  • 日本語による会話が不可能な方
  • 12歳以下の方
  • 抗血小板剤、抗凝固剤を服用中の方


<以下に当てはまる方はご病気の状態、施術の内容によってお断りすることがあります>

  • ぜんそく
  • てんかん
  • 糖尿病
  • 心疾患、高血圧
  • 自己免疫性疾患、膠原病
  • 甲状腺疾患
  • 精神疾患
  • 肝疾患、腎疾患
  • 脳神経疾患
  • 血液疾患
  • がん・悪性腫瘍
  • ステロイド内服中
  • 日光過敏症
  • ケロイド体質