全切開二重術・たるみ取り併用全切開二重術

全切開二重術

¥248,000 

(片目 ¥186,000)


たるみ取り併用全切開二重術

¥278,000

(片目 ¥208,000)

  • 二重のラインをはっきりさせたい
  • まぶたが厚い
  • 皮膚のたるみが強い
  • 今まで埋没法をやったけれど、取れてしまった
  • 最低1〜2週間のダウンタイムが取れる

まぶたが厚い方や、皮膚のたるみが強い方に、埋没法単独で二重を作る場合、不自然な二重になったり、取れやすくなったり、といったデメリットがあります。

(ただ実際は、そういう方でも埋没を行うことが多い)


全切開法では、余分な脂肪をしっかりと除去して、直接糸で縫い合わせて二重のラインを固定するので、取れる心配がいらない、すっきりとした二重にすることができます。

アイプチや加齢の影響で皮膚のたるみが強い方の場合、皮膚を数ミリ幅で切除するとよりスッキリした二重にすることができます(たるみ取り併用全切開)。

キズは、二重のラインの奥に隠れますので、目を開けた時には見えません。

カウンセリングでしっかりとご希望をお聞きした上で、手術前に、丁寧に時間をかけて二重のデザインをしていきます。


たるみ取り併用全切開二重術

術前→術後1週間→術後1か月→術後3か月


詳しい解説は、以下の記事をご覧ください


全切開二重術 その1

全切開二重術 その2

<腫れ>

施術直後は麻酔の影響もあり、かなり強く腫れ、目が開けにくい状態になります。2,3日で腫れのピークは越えてきますが、術後1週間目の抜糸まではメイクができません。

作るラインの幅やまぶたの厚みなどにより個人差はありますが、目安としては・・・


-術後2週間-

かなり腫れている(メイクでごまかしにくい)


-術後1か月-

メイクをすればだいぶごまかせるようにはなるがまだ幅は広くむくんだ感じは強い。

目を閉じたときの食い込み感も残る。傷の赤みは強い。


-術後3か月-

メイクをしなければまだ少しむくみ感はある。傷の赤みは徐々に薄くなってくる


-術後6か月-

ほぼ完成


<内出血>

二重のライン上に少し出る場合から下まぶたまで広がる場合など、個人差があります。

徐々に薄く黄色くなっていき、通常2週間程度で改善します。


<痛み>

手術当日から3日程度、少し引っ張られるようなお痛みが出ることがあります。痛み止めをお渡ししますので、気になる場合は我慢せず服用ください。


<傷>

術後しばらくの間は傷は目立ちます。目安として、術後3か月程度で食い込み感や凸凹感は改善してきます。半年~1年で赤みは目立ちにくくなってきます。

最終的には薄い線として残ります。


<幅の変更、修正に関して>

腫れの落ち着く半年以降で、気になる場合は修正することが可能です。ただ、わずかな左右差の微調整や、大きく幅を広くしたり狭くしたり、といった場合はできないこともあります。

<希望の幅より広い(狭い)、左右差が気になる>

腫れ、内出血の影響によることがほとんどで、時間が経つにつれて徐々に改善してきます。目安として、完成まで半年程度は様子を見ていただくことをおすすめします。

ただ、もともとのまぶたの厚みや形には左右差があり、それを手術で完全になくすことは不可能であることをご了承ください。


<目を閉じた時の食い込み>

腫れが残っている間は、目を閉じた時の食い込み感がありますが、腫れが引くにしたがって少しずつ改善していきます。

幅の広い二重を作った場合やたるみをしっかりと取った場合は少し食い込みがこともあります。


<ラインが消える>

切開二重術の場合、ラインが消失することは極めて稀です。ただ、幅の広い二重を作る場合、まぶたの皮膚に余裕がない場合、ラインが浅くなった感じがすることがあります。


<血腫>

術後早期に、内出血が強く出てこぶのように膨れる可能性があります(血腫)。そのような場合、早急な処置が必要なことがありますので、早めにご連絡ください。


アイプチなどでかぶれが強い場合は手術できないことがあります

まつエクは外しているほうが望ましいですが、外してなくても手術はできます

(手術中に引っ張るのでまつエクは大部分取れます)

術後1週間は傷に糸が付いていますのでアイメイクができません。

目安として術後2週間はかなり腫れていると思っておきましょう。術後のご予定に余裕がしっかりとあるときに受けられるのが無難です。

アイメイク、コンタクトレンズは抜糸翌日から可能です。

シャワー、洗顔は48時間後以降は目元を濡らしてもかまいません。

お酒は飲んでも仕上がりには影響しませんが、しばらくの間はかなり腫れますのでほどほどに・・・

約60分

Q:全切開を行ったら、絶対にとれませんか?

A:まず取れることはありません。絶対かと言われれば、100人に1人ぐらい取れてしまう方はおられます。また、長い時間が経って、まぶたのたるみが進んできたような場合、二重は取れていないけれど二重の幅が狭くなってくる、ということは起こりえます。


Q:全切開なら、幅の広い二重でもできますか?

A:全切開であっても、「超」幅広い二重を作ると、固定が不安定になって取れる可能性が高くなってしまいます。また、広すぎて不自然になり、狭くしたい、となった時にも修正困難になるおそれもあります。全切開と言えども、あまり広すぎる幅は決してお勧めしません。

1年間

左右差が強い、不整が強い、物足りない、取れてしまった、などがあれば手術代無料で再手術を行います。

(笑気麻酔代3000円は別途かかります)

(静脈麻酔を使用する場合、30000円別途かかります)

再手術を行って、状態が改善できると医師が判断した場合に限ります。

京都市中京区龍池町448-2 伊と幸ビル5階

烏丸御池駅2番出口より徒歩45秒

美容外科 美容皮膚科

二重、美容皮膚科、若返り、医療脱毛

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

0コメント

  • 1000 / 1000