京都で、二重、美容皮膚科、若返り、医療脱毛の

ご相談なら、

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

上まぶたの脂肪取り・ROOF切除

上まぶたの脂肪取り(埋没法と併用が原則)

¥40,000

(片目 ¥28,000)


ROOF切除(切開系手術と併用が原則)

¥50,000

(片目 ¥35,000)


まぶたが厚く見える原因にはいろいろあります。(脂肪が多いため厚く見える場合、脂肪ではなく皮膚のたるみなどによって厚く見える場合、、など)

皮膚の余りをしっかりと改善するにはたるみ取り併用全切開や、眉下切開が必要です。


そして、まぶたの脂肪が多い場合、脂肪取りが効果的です。


まぶたの脂肪には大きくわけて2種類あります。



まぶたの比較的浅い部分にある隔膜前脂肪(ROOF)が厚いケースもあれば、深い部分にある眼窩脂肪が厚いケースもあります。

前者であれば、ROOF切除、後者であれば上まぶたの脂肪取りを行うことで、改善することができます。


どちらも、単独で行うことは少なく、ROOF切除は全切開や眉下切開などの切開の手術と同時に、上まぶたの脂肪取りは二重埋没法と同時に行うことが多いです。

まぶたが厚い方は、皮膚のたるみも強いことが多いため、脂肪取りそのもので劇的な変化がでるわけではありませんが、他の手術との併用により、むくみにくくなったり、二重のラインが長持ちしやすくなったり、といった効果があります。

カウンセリングの際に、脂肪を取る必要があるのか、どの方法が最も適しているかをご説明いたします。


詳しい解説は、記事 まぶたの厚みの原因、その改善方法 もご覧ください。



  • まぶたが腫れぼったい
  • すっきりした二重にしたい
  • まぶたのむくみが強い
  • 二重の上の皮膚が重たい

抜糸までの1週間、目元の傷に糸がついています


<腫れ><内出血><痛み>

同時に行う手術に準じます。ただ、埋没法と目の上の脂肪取りを併用した場合、埋没法単独の時と比べると腫れ、内出血は少し強めに出ます。


<傷跡>

目の上の脂肪取りを行った場合、埋没法の針穴とは別に、5ミリ程度の小さい傷がつきます。傷は二重のラインに沿っており、時間が経てばほぼわからないぐらいになります。


ROOF切除の場合は、別に傷がつくことはありません。


<強い腫れ><強い内出血>

ROOF切除を併用した場合、術後3,4日まで、目が開けづらいほど強く腫れることがあります。通常はすぐに回復します。


<血腫>

非常に稀ですが、術後早期に、内出血が強く出てこぶのように膨れる可能性があります(血腫)。そのような場合、早急な処置が必要なことがありますので、早めにご連絡ください。


<手術までの注意事項>

アイプチなどでかぶれが強い場合は手術できないことがあります。

まつエクは外しているほうが望ましいですが、外してなくても手術はできます。


<術後の生活>

アイメイクは抜糸の翌日から可能です。

その他は、同時に行う手術に準じます。


約10〜30分

京都市中京区龍池町448-2 伊と幸ビル5階

烏丸御池駅より徒歩45秒

美容外科 美容皮膚科

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

烏丸御池ビューティークリニック:京都の美容外科、美容皮膚科。二重、美肌治療、医療脱毛なら、烏丸御池ビューティークリニック

0コメント

  • 1000 / 1000