京都で、二重、美容皮膚科、若返り、医療脱毛の

ご相談なら、

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

効果抜群のたるみ取り 眉下切開とは

前回の記事で、まぶたが厚く見える原因として


 皮膚、脂肪


の二つがあることを説明しました。


脂肪については前回記事を参照していただくとして、今回は皮膚についてお話をします。


皮膚が余っている、伸びている(たるんでいる)と、まつ毛の上にかぶさってきて、まぶたが分厚く見えます。たるみが強いと、まつ毛を越えてかぶさってくるため、目が開けにくくなります。


ちょっと絵がわかりにくいですが・・・


こういう方、実はめっちゃたくさんいます。ある程度の年齢以上になればかなりの方がこのような状態になります。若い方でも、アイテープなどを長くしているとすぐこういう状態になります。


ただ、ご自分がこういう状態になっていることに皆様あまり気づいていません。(幸か不幸か・・・)

なぜなら、無意識にこの状態をカバーしているからです。



こういう感じの開け方です(この方はそんなにたるみはありませんが…)


眉毛を上げると、確かに目が開けやすくなって視界が広くなりますが、実は皮膚が伸びているのを無意識にカバーする行動なのです。


程度の差はありますが、一重まぶたの方はほぼ皆さんこの傾向があります。


例えばこの方・・・(再登場です)

アイテープ等の影響でまぶたの皮膚が伸びています。まつ毛に皮膚がかぶさり、目が開けづらくなっている(特に右目)ので、眉毛を上げて目を開けています。(左は埋没をしたラインが薄く残っています)


その結果、眉毛と目の距離が長くなり、額に薄く横じわが入っています


皮膚がたるんでいてまぶたが厚い方は、ほぼ共通してこの特徴があります。



そして、このようなケースの対処法としては大きくわけるとふたつ


切る か 切らない かのどちらかです


<切らない方法>

埋没法を行うことで、『見かけ上』たるみを改善することがてきます。

 もともと一重の方

 たるみが軽度の方

にはとても効果的な方法です。

切らないので、余っている皮膚がなくなるわけではありませんが、二重にすることで皮膚がかぶさってこなくなるため、目が開けやすくなります。

今後たるみが進行する、または二重のラインが薄くなると、また目が開けにくくなる可能性がありますが、ダウンタイムが少ないというのはやはり埋没法の強力なメリットであり、実際はこの方法を受けられる方がほとんどです。


<切る方法>

前述の、「切らない方法」では改善が難しいのは以下のようなケースです。

 たるみが強い

 もともとまあまあ広い二重がある


このような方の場合、埋没法のみで改善しようとすると、すごい広い二重にしないといけなくなり、不自然になります。

余っている皮膚が上に移動するだけで、そこからまたかぶさってきますので、埋没だけではどこかで限界がきます・・・


そういう方の場合、余っている皮膚を切って取ってくる方法が非常に有効になります。


それが、眉下切開です

(ここまで来るのにだいぶ引っ張りました・・・)


詳しい説明は次からしていきます💦


⑨ 自然なたるみ取り効果が魅力の眉下切開 に進む


普通にわかりやすい二重手術の解説 トップに戻る

京都市中京区龍池町448-2 伊と幸ビル5階

烏丸御池駅より徒歩45秒

美容外科 美容皮膚科

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

烏丸御池ビューティークリニック:京都の美容外科、美容皮膚科。二重、美肌治療、医療脱毛なら、烏丸御池ビューティークリニック

0コメント

  • 1000 / 1000