京都で、二重、美容皮膚科、若返り、医療脱毛の

ご相談なら、

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

美容外科での眼瞼下垂 その1

前回、眉下切開による上まぶたのたるみ取りについて説明しました。


重たいまぶたを改善する方法として・・・


切らない方法 

→ 埋没法

切る方法 

→ 全切開二重手術もしくは眉下切開


があることをお話しました。この二つの方法を駆使すれば、多くの方は目がスッキリして大きく見えるようになります。

が、これだけではうまく改善できないケースも多々あります。


それが眼瞼下垂です。


眼瞼下垂にも様々な原因、症状がありますが、ここでは、一般的に美容外科でよく見かける、腱膜性眼瞼下垂について説明します。


まず、眼瞼下垂というものを理解するために特に重要な構造物は以下の通りです

眼瞼挙筋、挙筋腱膜、瞼板(他にもありますがここでは省略)


目を開けるときのこれらの関係は、歩く時の足の筋肉、腱、骨の関係に例えるとわかりやすいかもしれません。



目を開ける

足が動く(歩く)

そして、腱膜性眼瞼下垂はその名の通り、腱膜に何か問題がある状態です。


様々な原因(加齢、ハードコンタクトレンズの長期装用など)で腱膜が伸びきってしまう、または瞼板から外れてしまうと、挙筋の力がしっかり瞼板に伝わらず、瞼板が上にスライドしてくれません。つまり、目が開けにくくなります。

これが眼瞼下垂です。


まぶたがしっかり上に上がらないので、黒目の上の部分が隠れてしまいます。


そのままだと視界が狭くなるため、額の筋肉を使って、眉毛を上げて目を開けていることが多いです。そのため、以下のような見た目の特徴が出てきます。

程度が軽い段階だと、眉毛を上げることで黒目はある程度見えてくるため、パッと見は普通に見えます。


ただ、これらの特徴は、眼瞼下垂でなくてもよく見られます。


以前の記事

効果抜群のたるみ取り 眉下切開とは

で解説しているように、まぶたのたるみが強い方でも似たような症状が出ます。


「たるみが強い人」、「眼瞼下垂の人」・・・どちらのケースも、「目が開けにくい」という点では同じなので、同じように眉毛を使って目を開けるようになりますが、原因が違うので対処法も違ってきます。


カウンセリングでは、たるみと眼瞼下垂のどちらのせいで目が開けにくいのかを判断し(もちろん、両方が影響している方もおられます)、手術の方法を決めていきます。


たるみが強い場合 

→ たるみを改善する手術

(埋没、全切開、眉下切開)


眼瞼下垂の場合 

→ 目の開きをよくする手術
(眼瞼下垂手術)


眼瞼下垂の手術にもいろいろあり、詳細はここでは省きますが、当院で行っている方法は、挙筋前転法という、ゆるくなったりはずれてしまったりしている腱膜を瞼板にしっかりと固定してあげる方法です。

こうすることで、挙筋の力が瞼板に伝わりやすくなり、目が楽にしっかりと開くようになります。



このような感じで、眼瞼下垂の診断と治療を進めていきます。

では、眼瞼下垂になればみなさま手術を受けないといけないのでしょうか?


京都市中京区龍池町448-2 伊と幸ビル5階

烏丸御池駅より徒歩45秒

美容外科 美容皮膚科

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

烏丸御池ビューティークリニック:京都の美容外科、美容皮膚科。二重、美肌治療、医療脱毛なら、烏丸御池ビューティークリニック

0コメント

  • 1000 / 1000