グランドスクエア法

グランドスクエア法

¥178,000

(片目 ¥124,000)

  • 以前に埋没をしたけど取れてしまった
  • でも切開をするほどダウンタイムが取れない
  • 幅の広い二重を作りたい
  • まぶたが厚い
  • ラインにこだわりたい

糸を3本使い、作りたいラインに沿うようにまぶたの目頭側から目尻側まで広くしっかりと止めていく方法です。当院で行っている埋没法の中では一番取れにくく、滑らかなラインを作ることができます。

3つつながった四角は、端は目頭近く、もう1つの端は目尻近くまで届きます。

作りたいデザインに沿って、端から端までなぞるように糸が通ります。

こうやって止めることで、より正確にデザイン通りにラインを作りやすくなります。

例えばこの絵のように・・

もちろん無理をすればグランドスクエアでも不自然なラインになります。

どの方法においても大事なことは、どこまでが大丈夫でどこからが無理かを正確に判断すること。

そこはやはり術者の経験によるものが大きいですが・・・

グランドスクエアなら、無理なデザインを最初からしなければ、ほぼデザイン通りに仕上がります。

狙っていたラインと仕上がりのラインが違った、ということがほとんどなくなります。

目頭切開を併用したほうがよいようなきわどい平行型を狙う時や、厚いまぶたの方、幅の広い二重を作る時などは、グランドスクエアのデザイン力が威力を発揮します!!

点でラインを支える方法と違って、四角く止めると、面でラインを支えることができます。

グランドスクエアでは、3つの独立した面により、まぶた全体を強く支えます。

1本の糸で広く支えても、一か所が緩むと全体のラインが崩れますが、3本の糸を使うことにより、1か所緩んでも他の糸が支えるため、ラインは簡単に崩れません。

この方法の場合、ゆるく締めると腫れは少なく抑えることができますが、糸が透けて見えたり、結び目が飛び出してきたり、また、取れやすくなったりします。逆に、強く結ぶとしっかり止まって取れにくいかと思いきや、糸はすぐにどんどんまぶたの中に埋もれていき、ラインは消えます。

適度な強さで糸を結ぶことで、持続性の高いラインをキープすることができます。

四角く糸を止めていく場合、まぶたの広い範囲に糸がかかるため、結ぶ際に強く締めると腫れが非常に強くなります。

四角を3つ作りながら腫れを少なく抑えるには、糸の結ぶ強さを3本それぞれで微調整をする必要があり、難易度が高くなります。

僕はグランドスクエア法(と同じ手術)を約1500例以上行ってきました。その1例1例に発見があり、それをもとに改良に改良を重ねて、現在に至ります。

取れにくさ、腫れにくさ、仕上がりの美しさ、全てにおいて最高レベルの完成度

​全ての方に自信を持っておススメできる、当院一番人気の埋没法です。


迷ったらグランドスクエアで決まりです!

<腫れ>

埋没法は切開手術と比べると腫れは少ないですが、少しは腫れます。

術式や個人差によって違いはもちろんありますが、おおまかな目安としては・・・


-術後1週間-

メイクをすればある程度ごまかせるが、狙いの幅よりまだ広い。左右差もまだ残る時期。

目を閉じたときの食い込み感やぽつぽつ感はまだ強い。


-術後1か月-

メイクをすればほぼ問題ないが、メイクをしなければまだ少しむくみ感がある。

目を閉じたときに若干の食い込み感が残っていることが多い。


-術後3か月-

ほぼ完成。

食い込み感もほぼ気にならなくなる。


<内出血>

二重のラインに沿って少しだけ出る場合や、まぶた全体に広がる場合まで、程度には差があります。最初は赤い色が徐々に紫色になり、黄色くなって消えていきます。重力に従ってまつ毛の生え際に内出血が移動してくると、一時的に濃くなったように見えることもあります。

通常、1~2週間程度で消失します。


まぶたが厚い人、幅の広い二重を作る人、手術中に力が入ってしまった人、などは腫れ、内出血は出やすい傾向にあります。


<痛み>

施術当日、翌日に少し引っ張られるようなお痛みが出ることがあります。痛み止めをお渡ししますので、気になる場合は我慢せず服用ください。

<希望の幅より広い(狭い)、左右差が気になる>

腫れ、内出血の影響によることがほとんどで、時間が経つにつれて徐々に改善してきます。目安として1か月程度は様子を見ていただくことをおすすめします。3か月程度様子を見てもやっぱり気になる場合は、再手術を行うこともできます。(保証期間あり)


<目を閉じた時の食い込み、ポツポツした感じ>

腫れが残っている間は、目を閉じた時の食い込み感が気になることがあります。腫れが引くにしたがって少しずつ改善していきます。糸の部分がポツポツと膨らんだ感じがすることがありますが、数か月するとほとんど目立たなくなってきます。


<ラインが消える>

埋没法の場合、時間が経つにつれて少しずつラインが浅くなり、消えてしまうことはあります。まぶたの厚い方、幅の広い二重をご希望の方は消えやすくなります。

保証期間内であれば、保証でかけ直しをすることができます。


<埋没糸が透けて見える>

埋没法で使用する糸は通常青い色がついています(抜糸する時に見つけることができるように)。まぶたが薄い方では薄く透けて見えることがありますが、ほとんどの場合数カ月から1年程度で目立たなくなってきます。


<埋没糸が露出する>

皮膚が薄い方などでは、埋没した糸がまぶたの皮膚側に出てくることがあります。そのままにしておくと、感染や傷跡の原因となります。

埋没糸がまぶたから露出した場合、埋没糸の抜去が必要となりますので、早めにご来院ください。


<炎症、しこり>

埋没した糸のまわりに炎症が起こり、ニキビのように赤くなって腫れることがあります。自然に治ることが多いですが、軟膏による治療が必要になることがありますので、早めにご来院ください。軟膏で改善しない場合、繰り返す場合、抜糸してかけ直しが必要になることもあります。

アイプチなどでかぶれが強い場合は手術できないことがあります

まつエクは外しているほうが望ましいですが、外してなくても手術はできます

(手術中に引っ張るのでまつエク何本か取れるかもです)

洗顔は翌日より可能です。

シャワー(目元)、アイメイク、コンタクトレンズは最低48時間はあけましょう

お酒は飲んでも仕上がりには影響しませんが、腫れますのでほどほどに・・・

約20分

以下の期間内は、施術代金は無料で再手術を受けることができます。

(笑気麻酔代3000円は別途かかります)


<幅を変更したい、糸を取りたい>

1年間

<取れてしまったのでもう一度かけ直しをしたい>

5年間


保証による再施術は、医師が可能と判断した場合、再施術を行って改善できると判断した場合に限ります

保証による再施術時は、ポイントカードのポイント利用、ポイント付与はできません

京都市中京区龍池町448-2 伊と幸ビル5階

烏丸御池駅より徒歩45秒

美容外科 美容皮膚科

二重、美容皮膚科、若返り、医療脱毛

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

0コメント

  • 1000 / 1000