埋没法 クリニック選び

二重の手術を受けるには、まずは美容クリニックにカウンセリングを受けに行く必要があります。​​どこのクリニックにカウンセリングに行くかを決めないといけません。

風邪をひいて病院へ行く場合は、家の近くを探して行くことが多いと思いますが、二重の手術を受けに行く時「家が近いから」という理由で来られる方はまずいません(たまにいます)。

その前に、、二重まぶたの手術は、「埋没法」と「切開法」があります。その違いに関しては他の項目で説明をしますが、はじめて二重の手術を受けられる方はほとんどの方が糸でとめる「埋没法」を希望されています。


そして、埋没法はやっているクリニックが非常に多く、情報が溢れすぎてて、受けられる方の側からすると、どこで受けてよいかわからない、という方が多いと思います。

  • 口コミ広場などの口コミを参考にする
  • インスタやホームページに載っている写真を参考にする
  • ホームページに載っている医師のプロフィールやクリニックの雰囲気を参考にする
  • 安く受けられるクリニックを探す

こういう方法で選ばれる方が多いと思いますが、どこのクリニックも同じようなことを書いていますので、実際選ぶとなるとなかなか大変だと思います。

(当院でも同じようなこと書いてますが・・)

<まずは情報探しから>

最近は、どこへ行くのも、まずネットで情報を得てから行くことが常識になっています。

ただ、必要な情報については業種によって異なるものがあるでしょう。

例えば、電化製品や服、かばんなどを買う時・・・店の口コミや評判などを見る人はあまりいないかもしれません。価格比較サイトや店舗のサイトなどを見て少しでも安いところ、在庫のあるところを探すのが最近のパターンでしょう。


それは、売っているものが同じだからです。同じものならちょっとでも安く、品揃えの多いところで選びたい、というのは感覚として当然です。そして、その場合、ネットで得た情報はだいたい正確です。「ネットでは1万円と書いてあったのに、実際に買いに行ったら2万円だった・・」「豊富な品揃え、と書いてあったのに行ったらほとんど置いてない」「通販で買ったら、全然違うものが送られてきた」なんてことは最近ではまずないでしょう。


しかし、料理やエステ、マッサージなどのいわゆるサービスを受けに行くとなると、どこでも同じではありません。「味」「店員さんの接客」「店の雰囲気」などは店によって大きく異なります。そして、それらは、人によって評価が大きく変わってきます。同じお店で同じ接客でも、評価5をつける人もいれば評価3をつける人もいます。

要は・・・

 値段、在庫などは客観的な評価ができる

 味、接客、雰囲気などは客観的な評価が困難

ということです。

サービスに関しては、情報の信頼性が低いため、たくさんの情報を集める必要が出てきます。しかし、情報が多すぎるとそれはそれで、いい情報も悪い情報も入ってきて頭が混乱してしまいます。

​これは今やどの業界でも同じ問題でしょう。


そして、美容クリニックは、上記の分類でいくと、当然サービスの部類に入ります。クリニックによって価格も違えば、医師の技術も違うでしょうし、雰囲気も全然違います。


埋没法の場合・・・売っている商品(サービス)は 「埋没法という手術」です。商品の「質」を情報だけで判断するのは困難です。実際に受けてみて初めて「質」が分かる、というのが事実でしょう。

ですので、様々な情報を集めてきて、その「質」を予想することになります。 


料理店であれば、「口コミを信用して行ったけどまずかった、次は行かんとこ」で終わりかもしれませんが、クリニックはそうはいきません。特に手術を受けるとなると、「口コミ嘘やん!」では済まされません。口コミを信用した自分がアホやった・・・と自分を責めることになってしまいます。


ですので、皆様クリニック選びにはとても慎重になります。

​とはいえ、最近では、新しいサービスを受けようとするとまず調べるのは、口コミでしょう。

美容クリニックの口コミもいろいろなところで見ることができますし、Twitterなどでは口コミとはまた違う、よりリアルな意見を見ることができます。

ただ、需要が多いところには必ず金を儲けようと群がってくる人が多いのが世の常です。口コミもまたしかり。

美容医療業界においても、口コミサイトやランキングサイトなど、非常にたくさんありますが(特に二重手術に関してはたくさんのサイトがあります)、情報が古かったり、サクラばっかりだったり、どこかから金が流れているにおいがプンプンしたりで、ほとんどのものがとても信用できるものではありません。

(少なくとも、湘南美容外科京都院で僕の名前が出てくるサイトは情報がかなり古いと考えて間違いないでしょう)

当院は、口コミ広場というサイトに掲載されています。口コミ広場に掲載されるにはどのクリニックも掲載料というのを支払うことになっていますが(口コミ広場という場所を借りて宣伝をさせてもらうための「場所代」みたいなものです)、口コミを改ざんしたり都合の悪い口コミを削除したりとかそんなことはできないシステムになっています。(そう聞いています)

あまりにひどい悪口はサイト側で削除されたり、逆にあまりに嘘丸出しのクリニック側の広告は削除されたりしますが、基本的には実際に受けた方の口コミがそのまま掲載されるので我々も気が抜けません。

そういったサイト側の管理がしっかりとしているので、当院のような規模の小さい院が安全に知名度を上げるにはとても助かるサイトです。

< 口コミを参考にするときの注意点 >

口コミをたくさん眺めていると、いい口コミが大部分で、たまに悪い口コミが混じっている、というのが普通のパターンかもしれません。

人間の心理として、「悪い口コミ」というのは、あまり書かない人が多いです。皆さんも、どこかのお店に行って気分の悪い思いをしたとしても、それを友人に話をすることはあっても、口コミに書いてやろう!とまで思う人は実はたぶんあまりいないと思います。

となると結局、「スタッフの方がみんな優しかった」「仕上がりがとってもきれいで」「また行きたいと思います」「ちょっと痛かったけど大丈夫でした」など、なんとなくあたりさわりのない同じような口コミが並ぶことになります。​書いてあることは嘘ではないのでしょうが、全ての情報が書いてあるわけではありません。

そして、気になるポイント、評価の厳しさは人それぞれです。

例えば、床が汚れていた場合、何にも気にならない人は口コミには書かないでしょうが、すごい綺麗好きの人なら何か書くかもしれません。普段接客業の仕事をしていてスタッフの接客態度を注意して観察している人と、特に気にしない人では、口コミの内容も変わるかもしれません。

そして、あまり罵倒するような悪い口コミも、恨みのようなものが混じっていて参考にならないかもしれません・・・しかし、悪い口コミはだいたい長ーく書いてあるので、ついつい読んでしまいますよね(しかも結構文章がうまい・・)。これも、書いてあることはおそらく嘘ではないのでしょうが、「捉え方」の違いもあるのでしょう。何か一点気に入らないポイントがあったら、全てが悪く見えてしまうというような・・・

となると結局、断片的な情報を集めて、ご自身で判断するということになります。

一件の口コミのみではなく、いい口コミも悪い口コミも含めてたくさんの口コミを見てみると、そのクリニックのだいたいの傾向というものがつかめるでしょう。

口コミはやはり情報をゲットする大きなツールであることに間違いありませんが、他人の意見ですので、あくまでも参考程度に。


< 術後アンケート >

規制により、医療機関のホームページには術後アンケートを載せることは禁止になりました。施術代金を安くして書いてもらったアンケートは信頼性が低いというのがその理由です。

お客様の立場からすると、安い代金で施術を受けた後で悪い意見は書きにくいものであり、良いアンケートに誘導している感が出てしまうので、禁止はやむを得ないとは思います。


ただ、「よい感想文を書く」のと「嘘を書く」のは違います。長く書いていただいている感想文などは、我々が気づかないようなところも細かく書いてくださっていることもあるので、参考程度に見られてもよいと思います(インスタとかでは見ることができます)。

口コミは、他の人の評価を参考にするものですが、ご自身で評価できるものとしては、クリニックのホームページやInstagramなどに載っている症例写真があります。特に埋没法においては、ビフォーアフターの症例写真は変化がわかりやすいので参考にされる方が多いです。

特にInstagramは、広告費もかけずに写真を多数の人に見てもらうことができる手段として、最近はどこのクリニックも力を入れています。当然僕も力を入れています。「インスタを見ました」と言ってご来院される方がとても多いです。


症例写真は、客観的に評価するための重要なツールですので、症例写真は必要だと思います。

「症例写真がたくさん載っているクリニック」と「症例写真をほとんど載せていないクリニック」では、どちらのクリニックに興味をそそられるでしょうか?たくさん載っているクリニックのほうが、注目してしまうに決まっています。

そして、載せる医師の側からしても、公開する以上、よい写真を載せないといけないので手術の仕上がりに関しての意識が高まります。ですので、写真をたくさん載せているクリニックというのは、ある程度技術の保証はできると考えてよいと思います。

もちろん数がすべてではありません。上手かどうか、というのは見ている方が判断することです。ただ、その判断するための材料は多いほうが判断をしやすくなることは間違いないでしょう。

< クリニックのインスタ、HP >

つい先日、クリニックのホームページに症例写真を載せるのが禁止されるだのどうだのという騒ぎがありました。結局、症例写真にリスク、値段などの表記を義務付けることで写真掲載はオッケーという結論になりましたが・・・各クリニックの写真にそのような文章が最近加わっていることに気付いた方も多いと思います。この規制の影響です。

ただ、規制から逃れるために、「〇〇、〇〇、、というリスクがあります」とただ並べて書いて終わりではちょっと不親切な気もしますね。起こりやすさや、起こった時の重大さなどが全く伝わってきません。

お客様の立場とすれば、「料金がどれぐらいなのかを正確に知りたい」「大幅に予算外の手術を勧められるのが嫌だ」「リスクがないとは思っていないが、どれぐらいの程度なのか、起こった時にどのような対処をしてくれるか、というのを知りたい」というのが本音ではないでしょうか・・

結局のところ、そのあたりの知りたい部分は、ホームページを見たりカウンセリングの時に聞いたりして、ご自身で確認をすることが必要になります。

ただ、Instagramやホームページの内容はクリニックからのダイレクトな情報なため、口コミよりもさらに情報が選ばれています。あえて自分のお店の悪い情報をアピールするようなことはしませんよね。これはどの業種でも同じだと思いますが・・・

​ですので、さらにご自分で判断することが必要になってきます。


< 症例写真を見るときの注意点 >

症例写真を見る際、正確な評価を妨げる要因として以下のようなものが考えられます。


  • 術前はすっぴん、目も半開き。術後はメイクばっちり
  • ピンぼけ
  • カメラとの距離が近すぎる
  • 光の当たり方が術前と術後で全然違う
  • 斜めからの写真で、角度が術前と術後で全然違う

実は、上で挙げたホームページの規制というのも、「こういうものでだまされる人が多いので規制をかけましょう」という意図があったのです。でも、規制がかかった後もあまり変わっていません。「写真の質」というものを客観的に評価するのが難しいため、今後もたぶん変わらないでしょう。

上の「4.光の当たり方が違う」や「5.写真の角度が違う」は、騙そうとしている感が伝わってくるので、あまり好きではありません(僕は)。

「1.術前はすっぴん、術後はメイクバッチリ」に関しても、「医療機関としてふさわしくない」という意見が多いようですが・・・

「メイクをした時にどう見えるかが気になるので、すっぴんの術後写真よりもメイクをしている写真が見たい」という方もおそらくたくさんおられるでしょうから、これが全て悪いとは思いません。

「医学的に」、とか、「だまそうとしているのか?」、とかいう観点からするとメイクをしている術後写真は「ふさわしくない」と評価されるのでしょうが、美容医療は見た目をよくするものですから、ファッション的な要素は多少含まれていてもいい気はしますよね。

メイクをしている写真を載せるなら、メイクをしていない写真も一緒に載せるのが、誰からも文句は出ないでしょうが・・・


術前と術後で、色、明るさ、角度などができるだけ同じ条件で揃っている写真が一番参考にはなると思います。

< 実際に受けられた方のインスタ、Twitter >

そういう意味では、最近多い、InstagramやTwitterでご自身の手術体験を写真付きでUPするものは情報は比較的正確だと思います。時間経過も非常に細かく、(意外と)そんなに悪口も書いていないし、すごいほめるわけではなく、淡々と経過を語っているものが多く、リアルな情報が得られると思います。

ただ、埋没法の経過とはこういう感じ!という情報は得られますが、どこのクリニックがよい!という情報を得るには、投稿数が少なすぎて、信頼性としてはまだまだこれからという感じでしょうか。

やってよかったよ!という投稿が比較的多いような印象であり、埋没法がさらに広く受け入れられるきっかけになるとよいのになあと思っています。


ちなみに、今はやりのインフルエンサーによる投稿に関しては・・・ご自身で判断しましょう。


< 結局どうなん? >

結局、口コミ、インスタ、ホームページなどについて書いてきましたが、どれも決定力に欠けます。なぜなら、「自分の知らない人からの情報」だから。

僕がここで切々と語っていることも、これを読んでいる方はほとんど僕のことを知らない人だと思うので、1枚の症例写真と同じ程度の信頼性しかないかもしれません。

となると、一番信頼できるのは、「知っている人からの(もしくは、自分が持っている)情報」になります。例えば・・・

  • 友人が、ここで埋没法を受けて、勧められたから
  • 他の施術(脱毛など)をここで受けているから

というもの。

知っている人からの情報1個は、匿名の情報100個にも勝ります。

​ただ、内緒で受けたいという方もたくさんおられますので、なかなかこういった情報が入ってこないのが現状です。

美容医療がもう少しオープンになればもっと正確な情報が入りやすくなるのでしょうね。

たくさんの情報を集めた後、結局はご自身で判断することになります。情報がありすぎると逆に混乱してしまうおそれがあるので、あまり情報に振り回されないようにしたいものです。

「自分ははっきりと物が言えるタイプなので、質問をいっぱいしてもちゃんと答えてくれそうな先生がいいな」

「自分は緊張しいなので、優しくリラックスできそうなところがいいな」

など、情報主体ではなく、自分主体の考え方で調べてみる方がよいかもしれませんね。

カウンセリングはほとんどのクリニックが無料でやっていますし、カウンセリングを受けたからそこで手術をしないといけないわけでは決してないので、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてから手術を決めるのが理想だとは思います。

<補足>

そして、僕がこのサイトを切々と書いているのは、僕のことを知らない人に少しでも知ってもらうためです。

自分で書いている文章は、伝える力が何よりも勝ると信じているからです。

当院へ二重手術でお越しいただく方は、ご友人からの紹介の方、そして、ブログやインスタを見てきました、という方がほとんどです。症例写真がどうこう、というより、文章(その他)からその方の感性に伝わる何かを感じていただけたからだと思っています。

そして、そのような方はカウンセリングでのお話も非常にスムーズですし、100%手術を受けてくださいます。そして、手術後も他の施術で通っていただいたり、お友達を紹介してくださったりしています。


いよいよカウンセリング へ進む


さらにわかりやすい解説 トップへ戻る

京都市中京区龍池町448-2 伊と幸ビル5階

烏丸御池駅2番出口より徒歩45秒

美容外科 美容皮膚科

二重、美容皮膚科、若返り、医療脱毛

烏丸御池ビューティークリニック

院長 園田けんたろう

0コメント

  • 1000 / 1000